忍者ブログ
   FX初心者必勝法・無料レポート 【FX成功法則マニュアル】
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017年07月24日19:47 】 |
氷川きよし初のライブハウスイベント
大人気演歌歌手氷川きよし(29)が27日、東京・新木場スタジオコーストで夏祭りイベントを行った。デビュー8年で初めてライブハウスで歌い、手が届く距離にいるファンとの一体感に「気持ちいい〜」を連発した。

オールスタンディングのファンに、特設のやぐらステージから何度も身を乗り出すなど、ボルテージは上がりっぱなし。猛暑に負けない熱気で、20代最後の夏を満喫した。



「ライブハウスでのツアーがデビュー当時の夢でした。最高に気持ちよくて楽しい。病みつきになりそうです」。氷川にとって初のライブハウスイベントに集まった約2000人のほとんどが、浴衣姿の女性たち。1階はオールスタンディングだが、年配の人たちも疲れを見せず、氷川の体温が伝わるような超接近遭遇を堪能した。


新曲「あばよ」「きよしのソーラン節」や、初披露する「扇」など約1時間半のステージで6曲を歌った氷川は「このまま別れるのは惜しいっ」。キヨシコールに背中を押されるように、「もう1曲歌いたい」とその場でスタッフに直訴。急きょ「きよしのソーラン節」を付け加えた。

司会者が「氷川きよし祭、延長しま〜す。」というと会場は大盛り上がり。


想定外の事態に大慌てのスタッフを横目に、2つのやぐらステージを駆け回り、ボルテージの上がった歌唱を続けた。


トークでも沸かせた。最近、チョコレートがマイブームになっており「暑くてチョコもすぐ溶けます。飛行機に乗っていて、ズボンからチョコがはみ出てお尻のところが茶色に汚れちゃった。『あれ、お漏らししちゃったかな』と思って…」。珍しい自虐ネタで会場を爆笑の渦に包んだ。


7年前のデビュー当時は観客3人の前で歌うこともあった。「多くの人に歌を聞いてもらえて、感謝の気持ちでいっぱいです。いつまでも初心を忘れず、感謝の心を持ち続けたい。死ぬまで演歌を歌い続けて演歌界に骨をうずめます」。9月6日の30歳の誕生日まであと9日。20代の最後に生涯一演歌歌手を宣言した。


イベントに集まったのは、約2000人だけど、応募は10万通くらいあったらしい。すごい!



倖田來未(こうだくみ)が好き
webキャッシング
人材派遣・派遣情報
山田優(やまだゆう)ちゃんが好き
中川翔子のアニソンカバーも好き
PR
【2007年10月09日18:58 】 | 芸能人の話 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]